クレジットカード会社の利用者向けサービス

  • クレジットカードの名前の由来について

    • クレジットカードの名前の由来というのは、会員を「信用(credit)」するという意味から「、クレジット、」と名付けられたそうなのです。カード会社は利用者を信用して代金支払いの肩代わりつまり融資をするので、利用者が信用するに足る人物か審査をします。信用できない人にクレジットカードを発行すれば、肩代わり分の未回収リスクが高くなるので審査は当然の事なのです。クレジットカードを利用するには、お店は信用照会端末(CAT端末とかCCT端末)を通じて、オンラインでクレジットカート会社と通信し信用照会を行い、提示されたカードが有効かどうかの確認をするのです。
      なので不正取得や有効期限切れまた利用限度額オーバー・支払遅延中等のカードは利用することはできません。

      クレジットカードの利点というのは、商品の購入時に現金が必要ないので、どうしても欲しい商品やサービスがある時に、すぐに購入することができるといった点です。

      そもそもクレジットカードはカードの保有者が、加盟店から提供された商品・サービス等の対価に対して、取引後の一定の期日の後に支払う、代金延払いの決済手段の事で、ある意味短期間の融資なのです。後日、確実に金銭が支払われる見込みのことを信用といい、保有者に信用が与えられていることで成り立っているものなのです。

      代金が前払いではない事からプリペイドカードとは異なり、即時決済でもないのでデビットカードとも異なるのです。

      クレジットカードは人を信用していわゆる融資をしてくれるものだと思うのですが、その他にもこんな利点があります。

      知り合いが夜の繁華街でキャッチ、いわゆる客引きにあってスナックにはいったのですが、友人と3人で1時間弱いただけなのになんと28万円もの会計を請求されたのです。


      そう、そのお店はいわゆるぼったくりのお店だったらしいのです。


      当然、28万円もの金額を現金で持っていなかったので、カードで支払ったのです。
      翌日すぐに、クレジットカード会社に連絡をするとなんとその28万円という金額の請求はしませんという事になったそうです。
      カード会社にしても会社のイメージが下がるような加盟店とは取引きはしたくないです。

      もし、その時現金で支払ってしまったら1銭も戻ってはこなかったけれど、カードを使用したおかげで事なきを得たのです。

      そういった面でも、すごい力を発揮してくれるのです。

      また知人が25年以上前に海外旅行に行った際に、パスポートの盗難にあってしまったのですが、その時、手持ちの現金はほとんどなく、海外なので当然、簡単に融資してくれるような所もありませんでした。その際に役に立ったのがやはりクレジットカードだったそうです。


      パスポートの再発行まで2〜3日掛かるためにホテルに宿泊しなくてはならないのですが、ホテルの宿泊代はおろかホテル内であれば食事もすべてカードで支払う事ができたそうです。


      今の時代においてはクレジットカードは当たり前の時代なのですが25年くらい前だとそうでもなかったようで2社のクレジットカードの内1枚は海外では使用できなかったそうです。ただ、今の時代でも2社くらいのカードを持っていた方がいざって言う時に安心なのかもしれません。


      今は年会費が無料というカードがほとんどなので、特典やポイントが多く付くカードを選ぶのが賢い選択だと思います。

      中央区に相続を是非ご利用ください。

      税理士に相続税の相談が気になる方はこちらへご来訪下さい。







      http://m3q.jp/t/4414

      https://4meee.com/articles/view/257732

      http://www.tokyo-np.co.jp/article/senkyo/kokusei201607/zen/CK2016050702000295.html

  • 関連リンク

    • 昨今、日本国内においてはいろいろなシーンで高額な出費が発生することが多くなっています。そこでいざという時の出費に備えるために、クレジットカードを作成しておくことは多くのメリットがあります。...

    • クレジットカードは最低1枚は持っていると非常に便利なものです。日本国内でのショッピングや公共料金の支払いなどだけではなく、海外旅行の際にもとても重宝するものです。...