クレジットカード会社の利用者向けサービス

  • クレジットカードでお買い物をする利点

    • 普段のお買い物をするときに現金で支払うよりも、クレジットカードで支払をした方が便利なケースが沢山あります。



      また、このクレジットカードには特典があるカード会社も多く、利用すれば利用するほどポイントなどが貯まってお得になってくる所もあります。



      通常現金でお買い物をするときには、金額を自分の財布から取り出して精算する必要があります。
      小銭などは財布に入れていると重たくなりますし、一円や五円や十円などの硬貨が無駄に多くて取り出すのも面倒な場合もあります。

      実際私もそのような小銭を財布から出すのをとても面倒に感じていました。



      しかし、クレジットカードならば、そのような小銭を財布から取り出すという手間がなくなります。



      カードを店員さんに渡せばあとは全て店員さんがカードで手続きをしてくれて数秒ほどで支払が終わり、お釣りではなくカードを渡されて決済終了です。
      現金での支払に対してカードでの支払はスピードと利便性の面で利点があるのです。通常の生活ならば現金を持ち歩かなくてもカードがあれば出来てしまいます。さらに、そこにお買い物金額によって少しずつポイントが貯まって、貯まったらそれを現金やその他の商品券に交換できる業者もあるのです。


      クレジットカードの発行には安定した収入を見込めることと、年齢制限などがありますがその条件をクリアできるのであれば、一枚はこのクレジットカードを発行してもらって毎日の生活の中で利用すると良いでしょう。



      クレジットカードを持つのは不安だという人は多くいます。



      クレジットカードは、カード会社を通じて銀行口座とつながっているものであるため、仮に紛失あるいは盗難により他人に不正利用をされると、銀行口座内の預金が全てなくなってしまう危険性があるからです。



      確かにそうなってしまう可能性がないわけではありません。


      しかし昨今のクレジットカードはセキュリティ面で非常に強化されており、不正利用されてしまう可能性は限りなく低くなっています。

      具体的には、まずカード会社による不正利用の24時間チェックです。

      一度に大金が使われそうになっている場合は、会計時にそれをカード会社がすみやかに察知し、不正利用かどうかの確認をおこないます。

      もしも問題があれば清算されないよう操作しますので、不正利用を阻むことができます。

      また顔写真つきのクレジットカードも増えてきています。
      利用者の顔と写真とが違っていれば、会計時に店員がそれに気がつきますから、不正利用を未然に防ぐことができるのです。


      もちろん紛失した際にはカード会社に連絡することで、クレジット機能を停止させることもできます。



      もしも紛失したのが財布だった場合には、他人に使用されてしまうことを止める術はありません。財布の場合は基本的に、落としたり盗まれたりしないよう本人が注意するしかないのです。
      その点クレジットカードは、システムによるセキュリティがありますので、財布よりも財産を失う可能性が低い安全なものであると言えます。


  • 関連リンク

    • 昨今、日本国内においてはいろいろなシーンで高額な出費が発生することが多くなっています。そこでいざという時の出費に備えるために、クレジットカードを作成しておくことは多くのメリットがあります。...

    • クレジットカードは最低1枚は持っていると非常に便利なものです。日本国内でのショッピングや公共料金の支払いなどだけではなく、海外旅行の際にもとても重宝するものです。...