クレジットカード会社の利用者向けサービス

  • クレジットカードのグレードについて

    • ココではクレジットカードのグレードについて、説明をしたいと思います。


      クレジットカードには、大きく分けて次の4つのグレードがあります。1つ目は、「一般カード」です。

      最も基本的なグレードです。

      利用限度額は、50万円〜100万円くらいの範囲ですので、通常の買い物といった使用目的なら、取るに足りる機能を備えたカードと言えます。このグレードのカードでは、1000円程度の年会費がかかる、もしくは、年会費無料という場合が多いです。2つ目は、「ゴールドカード」です。一般カードよりも多くのサービスが追加されているグレードです。
      利用限度額は、ほとんどの場合、50万円〜100万円くらいです。
      空港のラウンジが無料で使用できる、などのサービスが利用できます。

      年会費は、5千円〜1万円くらいのものが多いです。

      3つ目は、「プラチナカード」です。
      ゴールドカードより、さらに特典がついたグレードです。


      このグレードは、多くの場合、カード発行会社が優良顧客に特別に提供しています。

      付加サービスや保険などは、ゴールドカードよりも充実しています。電話によるデスクサービスは24時間受け付けています。
      4つ目は、「ブラックカード」です。

      このグレードは、カード発行会社の招待に限り入会が認められているグレードです。

      カードの色が黒であることから、ブラックカードと呼ばれています。

      サービスや保険などは、プラチナカードよりもさらに充実しています。
      クレジットカードといっても様々なグレードがあるのです。クレジットカードにおける有効期限の説明をします。
      一般に、クレジットカードのカード面には、MONTH/YEARの様に、有効期限が、数字で記載されています。
      ここで、MONTHは月を表す数字、YEARは年を表す数字になります。
      例えば、05/15と記載されている場合、2015年5月までが有効期限、と言うことになります。今年は2014年であるため、現時点で利用可能なクレジットカードにおいては、YEARの箇所の数字は、14以上になっている筈です。また、MONTHの箇所の数字は、必ず、12以下になります。従って、今後、2099年までは、カード上にある有効期限の記載から、月と年を読み違えてしまう様なことは無いでしょう。

      次に、有効期限の長さについて、少し説明しておきます。
      有効期限の長さは、人によって、長かったり、短かったりします。また、カードのタイプによっては、誰でも、一律同じだったりします。
      一般的には、最初に発行してもらったクレジットカードの場合、有効期限の長さは、概ね2年程度となります。
      また、年齢が低い人ほど、有効期限の長さは、短めになる傾向があります。一方、年齢が高くなり、過去のカード利用年月が長い人では、カード更新時に、有効期限の長いカードが送付されて来ることもあります。


      ただし、こう言った差異がどの程度あるかは、カード会社により違っていて、一概には言えません。しかし、通常、有効期限を長くしたいならば、一つのカードを可能な限り長く使い続ける方が良いようです。

















  • 関連リンク

    • 昨今、日本国内においてはいろいろなシーンで高額な出費が発生することが多くなっています。そこでいざという時の出費に備えるために、クレジットカードを作成しておくことは多くのメリットがあります。...

    • クレジットカードは最低1枚は持っていると非常に便利なものです。日本国内でのショッピングや公共料金の支払いなどだけではなく、海外旅行の際にもとても重宝するものです。...